FXはマイルールで運用しよう

FXのマイルールの有効性を検証しよう

FX取引を行うときと言うのは、いろいろな指標などを使いマイルールと言う物を作って行くものです。そのようなときにはそのルールが有効であるかの検証を行うと言うことが重要といえますね。

 

マイルールの有効性というのは、バックテストなどによって検証することが可能になりますので、それを行う必要があるといえますね。有効なマイルールを作ることができればFX取引で収益を上げることが上がると言うことができますね。

 

少しでも有利な取引方法を見つけるという事FX取引を行う上では重要なことと言うことができるのではないでしょうか。そのときに忘れてはけないルールとして、ロスカットのルールと言う物があります。いくら成績がよい方法を見つけることができても一度の大きな損でそれまでの利益を無くしてしまうと言うものではいけません。

 

予想と違う動きとなった場合にはきちんと損切りを行うルールを作ると言うことも重要なことと言うことができますね。損切りを行うことは非常に重要なことです。これはプロのトレーダーの方でももっとも重視する事でもあります。

 

また、損切りが上手に入れることができるようになれば、FX取引が上達したと言っても良いのかもしれませんね。

 

FXのルールを作るならこのサイト

FX口座比較
FX口座比較をするサイトですがFXのルールを知る上でも参考になります。

取引記録をつけることは大事

 

トレードで儲かった場合はその記憶が鮮明に残ります。一方トレードで損をした場合にはよほど大きな損を出したのでなければ案外すぐに記憶からなくなってしまいがちです。

 

如何にトレードがうまくいってるか、またはうまくいっていないかを知っておくことは今後のトレードの方針を立てるにあたって非常に重要な要素となってきます。もしトレードがうまくいっていないのであれば、何がその原因となっているのかをしっかり突き止めて、そこを改善していく必要があります。

 

それをしなければ過ちに気付かないまま延々と損失を出し続けてしまうことにもなりかねません。そこで問題になってくるのが、損をしたことが記憶から抜け落ちてしまいやすいということです。記憶からなくなってしまえば、失敗したトレードの反省をしようにもすることができません。

 

勝った記憶ばかりが残っている状況では現在のトレード手法を変更する理由がないのです。つまり適切な売買手法を考えていく上で、トレードの成否をしっかり把握しておくことが大切になってきます。

 

そこで考えたいのが取引記録をつけることです。これをしておくことによって何が悪かったのかを後から振り返り、誤りを正すことが容易になります。

 

FXトレードの損切ルールを作る大切さ

FXを始める動機は何だったのでしょうか。FXのトレーダーには、それを見失っている人がいるものです。FXを行うことで、利益が欲しかったのではないでしょうか。それなのに、いつの間にか、トレードをする事自体が目的になっているような人がいます。

 

利益を得られないような局面で、トレードをしてしまうなど。トレードの量によって、キャッシュバックや品物が届くキャンペーンを行っているFX会社がありますが、キャンペーン目当てで無理にトレードの量を増やしても、もらえるキャンペーンの内容よりも損失額が大きくなってしまっては意味がないでしょう。

 

無理なトレードを行う人は、損切ルールが出来ていない可能性があります。損切ルールが出来ていれば、まず、無駄なトレードをしなくなります。チャンスを待ったトレードで間違えた時、スムーズに損失を確定するために損切ルールがあるからです。

 

最初から、利益を得にくいタイミングでのトレードを避けるでしょう。また、利益が得られない局面であっても、逆の見方をすれば利益を得られる場合もあります。どのような状況でも常に買いか売りといった、どちらか一方のトレード姿勢ではなく、流れの変化に応じたトレードが出来ればFXで成功する可能性が高まります。